腕立てふせする男性

こんばんは〜

☆痛み解消コンサルタント・山田辰徳☆

です!!

 

今回は前回の最後に話した、

『腱を鍛え続けるとどうなるか??』

ってことについてです。

 

前回も話しましたが、
筋肉トレーニングは筋肉をトレーニングするものです☆

 

筋肉トレーニングは腱をトレーニングするものではありません☆

 

トレーニングをしている人の中には、
「わざと腱に効かせている!」
って人もいるかもしれません・・・。

その人は何で腱を鍛える必要があるのか??
それは少し理解しにくいのですが!

言い訳にするにしても
『メリット』がないとやる意味も・・・(汗)

 

では最初に、
筋肉を鍛える『メリット』について少し話しますね。

筋肉を鍛えるとどうなりますか??
たくさんあるんですけども・・・。

簡単に言えば、
身体を動かすときに発揮する力が強くなる!

 

例えば野球で言うなら、
走塁が速くなる・・・
ボールを投げるスピードがあがる・・・
ボールを遠くに投げることができる・・・
ホームランが出やすくなる・・・
などなど。
他にもたくさんあるのですが分かりやすくこれくらいで!

 

もちろん単純に、
見た目的に太くなる!(マッチョになる!)
って人もいますかね。

人によって感じるメリットは違うので、
必ずこれ!!
ってものはないと思います。

 

では次ですが、
腱を鍛えるメリットは何でしょうか?』

強くなる?
太くなる?
・・・
・・・
・・・
これはあくまで私の意見ですが、

『腱を鍛えるメリットはない!!』

って思います。
これは色んな意見があるとは思いますが、
メリットと呼ばれるものはないですかね!
(もちろん体験もしたし勉強もした結果ですから・・・。)

 

ここにきて説明するのも遅いような気はしますが、
『腱』
について話しますね。

腱って何やと思います??
有名というか誰でも聞いたことあるものは
『アキレス腱』
ですかね。

 

分かりやすく説明しますね!

腱って骨にくっついているんです。
筋肉はそのままでは骨にくっつかないんですわ。
そんな理由から、
筋肉の両端が腱となり骨にくっつくんやね〜♪

ってことで直接骨にくっつくものが腱ですね。
(筋肉は腱となり骨にくっつくのです)

では、

『腱を鍛えすぎるとどうなるか?』

・・・
・・・
・・・
ケガをしますよね。
場合によっては

『腱断裂をする可能性が高くなる!!!』

 

これはとても大変です!
聞いただけでも痛そうやしね。

 

ここで勘違いしてほしくないのは、
私のトレーニングは筋肉を鍛えます。

ただし、
正しいポジションを維持する事ができなくなり
正しくないポジションで反復運動をおこなうと腱に痛みがきます。
(筋肉痛ではない・・・ん〜腱痛ですかね。)

 

前回の例の話で考えるなら、
「大胸筋を鍛える腕立て伏せ」
がありますね。
そのトレーニングをした次の日に大胸筋の腱が痛んでいたらどうでしょうか!?

今回話した内容を整理すると・・・
腱が痛くなっているということは

『正しくない(間違った)ポジションでトレーニングをした!』

って判断します。
(もちろん私のトレーニングの場合ですからね)

では、
他のどのトレーニングでもそうか??
ってのが気になりますよね・・・。

腕立て伏せの手の位置や肘を曲げる角度・・・
同じ腕立て伏せでも少しやり方が微妙にですが違うんです。

間違った腕立て伏せをやればどんなに回数をこなせても腱が痛むはず!
では回数を少なくすればどうなるか??
もちろん・・・
腱は痛みません!
そのかわりトレーニングの効果なんてでませんよ!!!

 

では正しいトレーニングをするとどうなるか??
・・・
もちろんですが、

『限界までやっても腱は痛みません。』

筋肉は重く感じたり圧して痛みがあるでしょう。

あなたのトレーニングはどうですか??
腱が痛むなら間違ったトレーニングでもあり、
断裂する可能性があるのでやめましょう!!

 

正しいトレーニングは当院で♪

☆痛み解消コンサルタント・山田辰徳☆

The following two tabs change content below.
山田 辰徳

山田 辰徳

痛み解消コンサルタントスポーツマッサージ金沢
幼少の頃からサッカーを始め、プロを目指す為に上京。しかし度重なるケガの末、医師から言われた「痛みとうまく付き合っていきなさい」という言葉で引退を決意。以後自らの経験を元に「ケガをしても痛みを取る+ケガをしにくい体づくり」をポリシーに、スポーツトレーナーとして敏腕を振るう。 "スポーツ(運動)をしているすべての人の駆け込み寺" として、金沢で唯一のスポーツマッサージを行なっている。