救急セット

こんにちは〜

☆痛み解消コンサルタント・山田辰徳☆

です!!

 

みなさんはスポーツをしていて打撲をしたとき、
何しますか???

 

そのまま放置・・・

アイシング・・・

固定・・・

マッサージ・・・

電気治療・・・

 

簡単にイメージできるとしたらこんなものでしょうか!?

今日は

 

『自分で出来る!打撲の処置の仕方』

について話します。
少し本のタイトルにでてきそうですが・・・
あくまで当院のオススメ方法ですからね!!!!!

 

それではいきます。
打撲というかケガをしたときはまずアイシングしろ〜
って言いますよね。
それはなぜやと思います?

 

これは、急性期ってやつですな・・・。
炎症症状が強く、興奮している状態です。
なので冷やして落ち着かせようやぁ〜ってこと。
そうすると炎症症状を少しでも弱めたりできますから!

 

ほな、打撲(ケガ)してすぐはアイシングやな!!
ってならんで下さいよ〜

 

そんなに単純ではないですから!
(間違いではないけど・・・)

ほなどうしたら?
ってなりますわな。

まずしてほしいこと・・・

①打撲をした部位はどこか?
(骨なのか筋肉なのか。触れば分かります。)

②患部が筋肉の場合は、力が入るか?骨の場合、関節は動くか?

 

この2つやね☆
まずは骨を打撲した場合について説明しますよ。

打撲した部位が骨の場合はアイシング20分で大丈夫。
氷を固定する時に圧迫すると思うので問題なし!
ただ、アイシングした後も圧痛が全く変わらない、または痛みが増す・・・。
この場合は骨折も視野に入れないといけません。

アイシングしたのに全く関節が動かない・・・
痛みが変わらない・・・
この場合は病院で検査!

 

次に、
筋肉を打撲した場合です。
まず患部を指で軽く圧してみてほしいですね。

 

明らかにプニプニしていたらアイシングしてる場合ではないと思います。
圧迫を軽くして挙上するべき!
10分程度やってから患部の状態をチェック。
変わりなければアイシングしましょう。
プニプニがパンパンになったら病院やね。
その時はすぐに分かると思います・・・。

 

では患部がプニプ二はしてへんけど痛みが強い場合・・・
この場合はまずアイシング(20分)なのですが圧迫はしなくてOK!
落ちんように軽くテープやラップで巻くくらいで。
圧迫強いと痛みが増すだけやしね!

⇒アイシング後に痛みがそのままなら圧迫(40分)をします。
(アイシングと同じくらいの痛みのない強さで)
アイシング→圧迫をずっと繰り返して下さい!

⇒アイシング後に痛みが軽減した場合・・・
この場合は筋肉を手のひらで少し引っ張って下さい。
痛くない程度に!!
そうすることで患部の痛みは楽になります。
アイシング→筋肉を引っ張る(40分)をずっと繰り返して下さい!

こんな感じですな〜
分かりやすく説明したのですが全部のパターンではありません。
でも大きくはこんな感じですよ。

ポイントは

『アイシングも圧迫も痛みがない強さでやること』

です。
アイシングの冷たい痛みは別やからね〜(笑)

他にもこんなときどうしたら良いか??
ってな質問待ってます!
今日は真面目な内容やったね・・・

☆痛み解消コンサルタント・山田辰徳☆

The following two tabs change content below.
山田 辰徳

山田 辰徳

痛み解消コンサルタントスポーツマッサージ金沢
幼少の頃からサッカーを始め、プロを目指す為に上京。しかし度重なるケガの末、医師から言われた「痛みとうまく付き合っていきなさい」という言葉で引退を決意。以後自らの経験を元に「ケガをしても痛みを取る+ケガをしにくい体づくり」をポリシーに、スポーツトレーナーとして敏腕を振るう。 "スポーツ(運動)をしているすべての人の駆け込み寺" として、金沢で唯一のスポーツマッサージを行なっている。