筋トレする女性

こんばんは〜

☆痛み解消コンサルタント・山田辰徳☆

です。

 

暑い日にトレーニングしたくなるのはなぜでしょうかね。
どうせ汗かいたからかな〜。
夏やし筋肉が少しでも張っている方が良いからかな・・・。

そこはどうでも良いのですが・・・。

 

今日は

『筋肉痛』

についてです。

 

トレーニングをする

筋肉が疲れる

次の日に筋肉痛になる

 

・・・こんな流れでしょうか!?

 

トレーニングの量や質によって筋肉痛の強弱が変わりますね。
当然ですけど。
ある程度トレーニングしている人であれば知っていることですな。
そんな事が言いたいんちゃいますよ!

 

ここで伝えたい事は・・・

 

 

『筋肉痛って必要ですか??』

って事。
筋肉痛の強弱含めてですよ。
筋肉痛がこなければトレーニングした事にならないのですか?
そんなこと誰が決めたのでしょう。

超回復なんて言葉がありますね。
聞いたことあります?

めっちゃ簡単に説明します。
超回復
→筋肉を使った後に、回復させると使う前よりも強く(太く)なる。
ドランゴンボールでいうサイヤ人です。(知らない人すいません)

 

めっちゃ簡単に説明しました。
筋肉の部位によって48時間休ませろとか72時間は休ませろとか・・・。

私の経験と考えではこれはあてはまりません!!!!!!

 

・・・
はっきり言ってしまった。
きっと苦情の嵐やな。
でもこれはとっても重要な話ですから。

 

例えばサッカー。

ボールをたくさん蹴ります。
ももの前がすご〜く疲れますね。
1回トレーニングして筋肉痛がきたら何十時間も休んでますか??
筋肉痛のままやっていますね。

超回復させないでも筋肉ついていきますよ!?
サッカー選手はもも太いですから。
(ジーパン選びが大変なんです・・・笑。)

 

 

次に野球。

ボールを投げたりバットを振ったり。
何回も何回も繰り返しますよね。
投手なら投球フォーム。
野手なら打撃フォーム。

これらは感覚として残さなければいけないので毎日やる人もいるでしょう。
野球選手の筋肉はどうでしょう?
太い人多いですよ。

 

例を2つだけしか出しませんでした。
でも、他のスポーツでも同じことが言えますよ。
日々のトレーニングで筋肉痛がきたら何十時間も休む。
回復してからまたトレーニングしていたら年間に休みの方が多いし。

他にもこんなパターンの方が分かりやすいかも・・・。

 

2人の学生、A君とB君がいたとしましょう。
同じトレーニングをしました。
次の日、
A君は筋肉痛がきませんでした。
B君はすごく辛い筋肉痛がきました。

その日のトレーニングはどちらが効果的にできるか分かりますよね?
筋肉痛がないA君の方が集中してできる。
ケガのリスクも少ない。
B君よりも動けるので監督へのアピールにもなる。

 

メリットばっかりやね〜☆

 

 

色々話しましたが、

『まだ辛い筋肉痛が必要と思いますか?』

 

辛い筋肉痛は必要ないからトレーニングで手を抜く!
これは違いますからね!!

 

トレーニングは100%でやる!
筋肉痛がでないように最善を尽くす!

これが大切です。

サポートが必要ならいつでも来院して下さい☆

 

金沢で初めて!!!(多分です)
LINE@始めましたので宜しくお願いします!

☆痛み解消コンサルタント・山田辰徳☆

The following two tabs change content below.
山田 辰徳

山田 辰徳

痛み解消コンサルタントスポーツマッサージ金沢
幼少の頃からサッカーを始め、プロを目指す為に上京。しかし度重なるケガの末、医師から言われた「痛みとうまく付き合っていきなさい」という言葉で引退を決意。以後自らの経験を元に「ケガをしても痛みを取る+ケガをしにくい体づくり」をポリシーに、スポーツトレーナーとして敏腕を振るう。 "スポーツ(運動)をしているすべての人の駆け込み寺" として、金沢で唯一のスポーツマッサージを行なっている。