最高のパフォーマンス②

こんばんは〜

☆痛み解消コンサルタント・山田辰徳☆

です。

 

昨日は最高のパフォーマンスをだす予定の試合に間に合わなかった学生。
その学生が、なぜ痛みをほったらかしにしてしまったのか?

ここで終わっていましたね。

 

大事な大会とはかなり前から予定が決定しています。
中学生の大きな大会も世界大会も同様です。
6月に痛みがあったのになぜ7月までほったらかしにしていたか・・・。

それは・・・

『どうせいつもの打撲だからすぐに良くなる』

こんな考えだったからです。

 

打撲のほとんどが、3〜5日すれば何もしなくても回復します。
痛めた瞬間は接触(打撲)やったんで放置したんやね〜
その結果、剥離骨折していたことに気付くこともできなかったんやね・・・。

 

実はこれ、すごいもったいない!!

 

最初の処置さえ間違えていなければ全国大会への道もあったかも知れない。
結果論であるあことはわかってますよ〜

 

でもね、
本気でスポーツに取り組んでる人って少ない。

これは、とくに学生の話にはなりますがね。

この選手もケガをしていなければ本気で治そうとは思わなかったはず!!
痛みがなければそのまま普通にしてたんやろうなぁ〜
たまたまケガしたからちゃんと治す気になっただけ。
これははっきり言えます!!

 

だって・・・

『前にも同じ事してるんですこの子・・・。』

 

話を聞く限りでは、成長できていなかったんですね・・・。
これは悲しい。
当院に来たからには全てを改善したいと思いました!!

最高のパフォーマンスってどうやったらだせるのでしょうか?
記録が数字に残る場合は分かりやすいでしょう。
陸上とかはそうですね。
サッカーやバスケットボール等の球技は数字ででます。
しかし、ポジションによっては分かりにくい場合がありますよね。

 

そんな時はこう考えて下さい!

 

「いつもよりからだが軽くて、動ける!」

 

スポーツをしているとこの感覚が非常に大事。
大事とは、最高のパフォーマンスをだせるってこと。

運動している人で、からだがいつもより軽く感じて動けたとします。

 

それ・・・

最高のパフォーマンスが出せる気がしませんか??

 

練習でできないのに試合でできるはずがない!!
よく言われる言葉ですね。

では、練習でできているときのからだの状態よりからだが軽かったら?
練習の時よりからだが動けたら?

 

どうですか?

 

 

最高のパフォーマンスが出せる気しかせんと思います!!!

 

ぜひ、これを基準にしてみて下さいね〜。

では、そのためには実際どんな事をしたら良いのか?
考えてみましょう。

 

みなさんが治療院や施術院に行くときってどんな時ですか??
からだのどこかに不調があるときではないでしょうか!

 

実はこの考えではあかんのです。
もちろん外傷による急なケガの場合は大丈夫やけど。
直接触れられたわけでもないのに痛みだした・・・。
この辺の感覚が悪いパターンやね!

 

毎日、無事に練習ができているありがたみがないのは問題ですよ〜。
大事な大会はいつもの練習で出しているものをそのままだすわけで・・・。
練習で100%でていないのに最高のパフォーマンスなんてありえん!!

毎日の練習のため。
メンテナンスの意味で治療院や施術院を利用するべきやね。

 

こんな考えの人って少ないんよね〜。
好きなスポーツするために準備せんとかありえ〜ん!!!!!!!!

 

僕は(私は)練習だけやしいっか〜て人。
その練習中にケガしたら練習もできんくなるで!

 

練習できんくなってから治すのでは遅いんです!!
好きなスポーツを生涯やるつもりなら間違いなく良い準備をしましょ〜☆

 

最高のパフォーマンスとは

 
練習だけとか試合だけとかではありません!両方ですから!!!

 

ちなみに、当院ではそれができます。
step3までいってもらえたら保証しまっせ〜

 

☆痛み解消コンサルタント・山田辰徳☆

The following two tabs change content below.
山田 辰徳

山田 辰徳

痛み解消コンサルタントスポーツマッサージ金沢
幼少の頃からサッカーを始め、プロを目指す為に上京。しかし度重なるケガの末、医師から言われた「痛みとうまく付き合っていきなさい」という言葉で引退を決意。以後自らの経験を元に「ケガをしても痛みを取る+ケガをしにくい体づくり」をポリシーに、スポーツトレーナーとして敏腕を振るう。 "スポーツ(運動)をしているすべての人の駆け込み寺" として、金沢で唯一のスポーツマッサージを行なっている。