PAIN Knuckle Tattoo 11-23-09 -- IMG_9893

こんにちは〜

☆痛み解消コンサルタント・山田辰徳☆

です。

 

今日は、今週月曜日に来院してくれた患者さんの話をします。

患→「今週末(土曜日と日曜日)に大事な試合があるのですが腰が痛いのでなんとかして下さい

私→「症状を確認してからですが何とか大事な試合に出れるようにしましょう」

患→「ほんとですか?」

私→「はい!まず、治したい気持ちを全面に出して下さいね!そして試合に出ている姿をイメージして下さい」

患→「イメージできました」

私→「おぉ〜素晴らしい☆それでは問診しますね〜・・・・・」

(問診終了後)

私→「それでは始めましょう!」

患→「お願いします!!」

私→「○○さんの痛みいただきますね!!

患→「先生・・・どうしたんですか?冗談?」

私→「本気ですよ〜(笑)ではうつ伏せになりましょ〜」

こんな感じで始まります。

そしてこの時、私の中ではもう手応えあるんですよ(爆)
今のやりとりで〜

なんやそれ???

って思いますよね。

前にも話したと思いますが『病は気から』・・・。
これは非常に重要です。
そして施術を受ける側と施す側の間の緊張をとること!
(特に初めての患者さんは☆)

 

●治るイメージができない・・・
●スポーツしているイメージができない・・・

これでは痛みが軽減できてもスポーツできるほどの回復は見込めません。

 

●治るイメージができる・・・
●今週末にスポーツをしているイメージができる・・・

これはかなりの確率で早期回復ができます!
これらは今までの経験上、間違いありません。
無理矢理イメージするのでは意味がないんです!
急に言われて、
パッとイメージできる人が理想ですね☆

 

もちろんこの患者さんは1回の治療で見事回復しました。
今日の大事な試合にも無事にでていることでしょう。
月曜日には良い報告が聞けるかなぁ〜

 

あなたの痛みはすぐにとれますか?
確認したい方は是非連絡下さい☆
☆痛み解消コンサルタント・山田辰徳☆

The following two tabs change content below.
山田 辰徳

山田 辰徳

痛み解消コンサルタントスポーツマッサージ金沢
幼少の頃からサッカーを始め、プロを目指す為に上京。しかし度重なるケガの末、医師から言われた「痛みとうまく付き合っていきなさい」という言葉で引退を決意。以後自らの経験を元に「ケガをしても痛みを取る+ケガをしにくい体づくり」をポリシーに、スポーツトレーナーとして敏腕を振るう。 "スポーツ(運動)をしているすべての人の駆け込み寺" として、金沢で唯一のスポーツマッサージを行なっている。